2007年07月10日

07-08 POGの指名馬と抱負

さて、もう今年の新馬戦も始まってぼちぼち有力馬もデビューしちゃってるわけですが、いまさらながら今年の指名馬を書いてみようと思います。相変わらず馬体をテーマに、自分の好みにかなった馬をチョイスしてます。今年はドラフトもほぼうまくいってだいたい予定通りのセレクトができました。結果には満足してます。

馬名
所属 厩舎
スパークキャンドル A.P. Indy
Serena's Song
美浦 藤沢和雄
ファリダット Kingmambo
Believe
栗東 松元茂樹
ガイディングスター ファルブラヴ
クルーピアスター
栗東 橋口弘次郎
ムービーハウス フジキセキ
ムービースクリーン
美浦 国枝栄
コパノパニック サウスヴィグラス
リンガスドリーム
美浦 上原博之
ロザリオ ジャングルポケット
ローザネイ
栗東 橋口弘次郎
アルスマグナ Fasliyev
Arpege
美浦 藤沢和雄
フロムスクラッチ メス Grand Slam
Snow Dance
栗東 沖芳夫
ビギンマニューバー フジキセキ
コンプリカーター
栗東 松永幹夫
マヤノテムジン メジロライアン
モガミヒメ
栗東 梅内忍
ヒシドンネル Vindication
Classic Reign
美浦 久保田貴士
ダノンマーチャン Vindication
ローザロバータ
美浦 加藤征弘
ダイワカンパニー アグネスタキオン
ヒットザスポット
美浦 松山康久
アンヴェイル ロサード
ヴェイルデラルナ
栗東 橋口弘次郎
マイネルアトレ ゴールドアリュール
グリーンヒルケイ
栗東 中村均

※上から期待値順

今年もっとも惚れた馬体は、もう文句なしでスパークキャンドル。A.P.Indy産駒ということで半信半疑の声もありますが、馬体から受ける印象は芝でも十分にやれるというもの。首から背中にかけてのラインがしなやかで非常に優美。いよいよ来週デビューを迎えますが、非常に楽しみです。日本の重賞勝ったら海外にいくとかいう大きな話もあるようですがまずは日本で活躍してくれることを願っています。

それと同等に評価しているのがビリーヴの初仔、ファリダットです。とにかく馬体の形がすばらしい。キングマンボの仔ですが、ラインは完全にサンデーのもので、骨格もよくトモの作りもいい。早く走る姿が見たい。距離も母がスプリンターだっただけに心配する声もありますが馬体を見る限り長い距離でもいけると見てます。

その他の馬たちも何度も吟味して選んだ馬ですが、個人的に穴で注目したいのがコパノパニックマヤノテムジンの2頭。血統が血統だけにほとんど人気にはなりませんが、両方とも馬体だけなら本当に素晴らしい馬で、一目惚れしました。コパノパニックはサウスヴィグラスの仔ですが、この父は大好きでした。父はダート短距離でしたがこの馬は芝でこその馬と思っています。なんと今週早くもデビュー予定なので注目しています。マヤノテムジンは今年で種牡馬を引退したメジロライアンの晩年産駒。育成場の評価も高いようで早ければ札幌デビューできるようです。

狙ったわけではないのですが、またもや昨年に続いてノースヒルズ(大山ヒルズ)の育成馬が多くなりました。鳥取出身だから贔屓してるわけじゃないですがね。去年は大山ヒルズがすごいと言っていっぱい取った割に、ボクの指名馬はまずまずで、ローブデコルテがさくっと活躍しましたが、今年もあえて言いましょう。
「今年の大山ヒルズもモノが違う!!」
毎年言ってそう・・・

昨年2位指名したフサイチホウオーの全妹トールポピーは結局指名しませんでした。悪い馬という印象ではなかったのですが、どうもピンと来なかった。そんでもってPOG人気はするだろうし他の馬のほうがよく見えたので結果的に取らなかったという感じです。先週デビューして出遅れながら2着とまずまずの内容でしたが個人的にはそれほど強い馬には見えませんでした。別に意地になってるわけじゃないのですが、今年も「アンチ角居」でいきたいと思います。そんなこといってると来年大変なことになりそうですが。

ジャングルポケット産駒もロザリオだけでしたね。この馬もそこまでほしいと思った訳じゃなく、余ってるならとっとこうという程度。今年は昨年と比べて産駒のデキがどうかな?と思ったのも事実です。あとやはりこの種牡馬は難しいなと感じています。成長力があるけどどの時点で急激に馬がよくなるかわかりづらいので馬体だけで完成後の姿を見極めるのが難しい馬なんです。でもジャングルポケット産駒の活躍自体は期待してますよ。

今年はマル外2頭を筆頭に外国血統の馬を中心にしましたが、それが吉と出るか凶と出るかで結果に大いに影響しそうです。あとは結果を待つのみ、みんながんばれ。
posted by 馬砂雪 at 14:22| Comment(40) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

06-07 POGを振り返る

今年の指名馬を晒す前に、昨年の結果を振り返ってみようと思います。

<参考>
06-07 POG指名馬

期待値 馬名 成績 賞金(万円)
1 ゴーストライター 1勝 620
2 フサイチホウオー 4勝(重賞3勝) 13700
3 クールヴィクトリー 未出走 0
4 フェルヴィード 2勝 1580
5 コンゴウダイオー 2勝 3170
6 ジャンバルジャン 未勝利 455
7 オースミダイドウ 4勝(重賞1勝) 9500
8 ウィルビーキング 2勝 1850
9 コマンドールクロス 2勝 2180
10 クーヴェルチュール 3勝 3760
11 アイアンクイン 未勝利 180
12 アドマイヤダンク 未出走 0
13 マイネルカーロ 1勝 1465
14 アンブロジンの04 未出走 0
15 ブレイブボーイ 1勝 770
16 シャインウェーヴ 未勝利 110


とりあえず、全体通してみれば勝ち上がりが10/16、2勝以上が7/16、アベレージはそこそこかなという感じですね。これだけ選んで重賞勝てたのがホウオーとダイドウの2頭だけというのはちょっとアレですが、それでもホウオーに関しては負けたとはいえダービーで1番人気まで背負った馬、ジャングルポケット初年度産駒でこの馬を指名したことには多少誇ってもいいかなと思ってます。

ただ、一番期待しているはずだったゴーストライターがダートでの1勝止まりというのは、かなりやってしまいました。終わったことを嘆いても仕方ありませんが、マンハッタンカフェの産駒は総じて仕上がりが遅く、また馬体が立派すぎて芝の軽さに欠ける馬が多かったのも事実。新種牡馬の場合は産駒の全体的な特徴からある程度傾向を読むことが重要で、そういう意味では馬体の良さだけに惹かれすぎたのかもしれません。3位期待のクールヴィクトリーはデビュー前にいい時計を出してましたが調教中の事故で死亡という非常に残念な結果になってしまいました。個人的には結構自信のあったクーヴェルチュールが重賞勝てないまでもかなり活躍してくれたこと、コマンドールクロスは芝でこそと思っていたのでプリンシパルSであわやのシーンを作ったのは、よくやった!と思いました。

総括としては、フサイチホウオーを選んだことがすべてです。あの馬がいなかったら成績も散々だったと思うし、ジャングルポケット初年度産駒を上位で指名して成功したという事実こそが最高の結果だったように思います。また昨年豪語していた「今年の大山ヒルズ組はモノが違う!」というのは大嘘でしたw 。しかしながらローブデコルテがオークス馬になったようにノースヒルズの馬の質が高いのは事実だったようです。今年のダービーは牝馬のウオッカが勝ちましたが、あのような情報が少ない馬ははっきりいって選ぶのは困難です。サンデー亡き後、活躍馬の種牡馬もだいぶバラバラになってきたように思えます。ただ自分としての選ぶスタンスはぶれていないのである意味POGがやりやすくなりました。馬体を中心に据えて選ぶというのは非常にリスキーではありますが、それでも光る才能を見つけることができるのは非常にうれしいことです。今年の指名馬も基本的に馬体を見て選んだ馬たち、昨年の反省をふまえていろいろ熟考しましたので次回はそれを晒します。
posted by 馬砂雪 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

イグJRA賞、浦和桜花賞、JPN表記、毎日杯などなど

また訳のわからんタイトルになってしまった・・・

最近更新がサボりがちなのは、決してブログに飽きたわけでもなく、ネタがないわけでもなく、仕事が急がしいというのを言い訳にして怠けているだけです。目まぐるしい毎日なのでまだまだ慣れるまではいきませんが、生活のパターンが染み付いたらだいぶ楽になるかな。なにより毎週出張という環境は新幹線やホテルなど意外と一人の時間が増えてブログを書きやすくなったりするんですよね。というとまた嫁に怒られる・・・

応募したままで半分ほったらかしだったイグJRA賞ですが、投票によって各部門の最優秀賞を決める企画が行われ、当ブログからのエントリー「イグJRA賞2006! 最優秀(ネタ)調教師:森秀行」は「迷人物賞」で6票を獲得してなんと2位に選ばれていた!!1位じゃなかったのはまぁ残念といえば残念ですが、私ごとき稚拙な文章に6人もの方が投票いただき、感想まで述べていただいてるのは非常にありがたいことです。ほんとうにありがとうございます。こういう企画はなかなか面白いので今後も可能な限り参加してみたいですね。

さて、このあいだ浦和競馬場で行われた南関東G1、桜花賞(通称浦和桜花賞)。ちょうど会社も休み、地元ということで見に行ってきました。浦和競馬場に行ったのは結構久しぶりでしたが当日は祝日だったこともあり、非常に人が多く賑わっていました。この競馬場にこんだけ人がいるときはあんまり見たことがないなぁというぐらい。肝心のレースはさっぱりあたらず(規定事項)。桜花賞でパドックを見て自信の本命に抜擢した昨年の東京2歳優駿牝馬勝ち馬ブラックムーン、4コーナーで競走中止( ゜д゜)・・・。
俺が買ったせいじゃないよ・・・_| ̄|○  予後不良とまではならなかったのは幸いですが。。

ちまたでは「GIが使えなくなる?」というニュースが騒がれていましたが、ついに新しい表記が「JPN」で決まりそうです。
http://www.nikkansports.com/race/p-rc-tp0-20070323-173656.html

仕事柄、こういう情報はいち早く入ってくるのでおそらくJPNで決まりだろうというのは聞いていましたが、なんだろうねぇこの違和感。やはり「ジーワン」の響きに慣れ親しんでいたのに突然「ジェーピーエヌワン」ですっていわれても馴染めないですよね。いずれクラシックも外国馬に開放されるときは来るだろうけどそれまでの間はこのなんともいえない違和感の中、日本ダービー(JPN1)が行われる訳ですね。商標なんかの問題でJ1とかが無理なのはわかっていたとはいえ、海外の言い分に押し切られた格好の今回の改変、パート1国入りすることのメリットよりも「GIブランド」が使えないデメリットのほうがはるかに高くついたかも・・・

あさっては尾張名古屋でG1、早くも中京界隈では非常に盛り上がっています、いやむしろ盛り上げよう、ただでさえメンバーがしょぼ(ry
その前に明日は毎日杯と日経賞。日経賞はフサイチパンドラが注目ですが、毎日杯は皐月賞への最終切符ということで、POG的にも非常に注目の一戦です。ブラックオリーブやニュービギニングも出ているので、かなり注目している人も多いはず。ただ勝つのは断然、ナムラマースでしょ!と言いたい。言うまでもなくメンバー中実績No.1、前走のきさらぎ賞はアサクサキングスにまんまと逃げ切られたものの、負けて強しの内容で今回の小粒な面子なら楽勝してもおかしくないでしょう。結局はフサイチホウオーを持ち上げる話になってしまうんですが、先週の若葉SとスプリングSでホウオーがともに負かしたヴィクトリーとフライングアップルが勝ち、前述のきさらぎ賞でも新興勢力をおさえたのはラジオNIKKEI杯組。ここでナムラがあっさり勝つようだと非常にわかりやすい勢力図になります。もう一頭の無敗のジャンポケ産駒、トーセンキャプテンが残念なことに骨折してしまい、皐月賞有力馬のうちアドマイヤオーラを除いたすべてがホウオーに負けた馬ということになってしまう。競馬に絶対はないし、負けた相手に逆転も可能ですが、こうも露骨に結果が表れると・・・期待したくなっちゃいます!
posted by 馬砂雪 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(1) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

明日は我がPOGの正念場!

久しぶりにPOGの話題でも。ちなみに今年の指名馬はこんな感じ

明日の東スポ杯2歳Sは今年のPOG期待のフサイチホウオーが出走とあって、早くから期待していました。我が愛しのジャングルポケット初年度産駒、その中でもセレクトセールで1億の値がついた話題馬ですが、形がずば抜けて良く血統期待値も高かったので迷わず上位指名しました。父の特徴を容姿だけでなく気性面でも受け継いで、パドックや返し馬ではやんちゃぶりが目立ちますが新馬戦でみせた一瞬の反応の良さは母父サンデー、そのあとの豪快なストライド、脚力は父譲りと競走面でも能力が引き継がれていると感じます。新馬勝ちでの重賞挑戦で難しくはありますが、父の代表産駒として名乗りを挙げられるように好勝負期待!そして父が現役時代一度も勝てなかったマンハッタンカフェの産駒、ヴェルトマイスターには何としても勝ちたいね。デットーリがなんぼのもんじゃい!

同じレースにマイネルカーロも出走しますがこちらも沽券にかけて結果を出して欲しいところ。先日も触れましたが、今年馬体から4頭だけピックアップしたマイネル馬のうち、実際に指名したのはマイネルカーロのみ。ところが京王杯のマイネルレーニアに続いてマイネルソリストまで黄菊賞で2勝目を挙げ、未出走のマイネルパトリックを除くと完全に裏目ってます。なんとか2勝は欲しい。

今週は土曜の京都未勝利に一番期待のゴーストライターも出走。デビュー戦はいいとこなしでしたが、パドックでも太め残しで大型馬だけに叩いて変わってくれることを期待。ここにきて坂路の時計を詰めてきてるのでルメールを背にまずは1勝目指し頑張れ。

コンゴウダイオーはデビュー当初と周りの評価がだいぶ変わりましたが、速攻要員としてはまずまずの状態。ダート500万クラスなら上位の存在なので今週はチャンス。じわじわ稼いで全体の底上げに。

というわけで、今週というか明日は我がPOG的な重要なチェックポイント。ここでいい結果が残せないようなら来年は厳しいかも、何はともあれ頑張ってください皆さん。
posted by 馬砂雪 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

06-07 POG指名馬

本来ならまず、昨年度POGの反省からやるべきなんでしょうが・・・いやなことは後回しにしてと。
とりあえず、今年の指名馬発表からしておきましょう。

昨年は、ちょっと普段のスタンスと変えて牧場や厩舎などもかなり重視して選んだつもりだったのですが、結果的にはそれで救われた感があります。でも、なんというか、やはり馬体派を語る以上、全く馬体を見ていないような馬を選んだのはちょっと自分のポリシーから考えてもまずかったんじゃないかなと反省しています。「勝てばよし」とする見方もできますが、POGというのは自分自身の競馬観を賭けて戦うゲームだと考えていますので、やはり最終的には自分の信念に基づいて選ぶべきでしょうね。その信念が自分の場合は「馬体から受ける印象」であることはいうまでもありません。というわけで、今年は基本に立ち返って馬体を重視した馬選びになりました。

馬名
厩舎
ゴーストライター マンハッタンカフェ
ユーザーヒストリー
橋口(栗東)
フサイチホウオー ジャングルポケット
アドマイヤサンデー
松田国(栗東)
クールヴィクトリー スペシャルウィーク
シーンプロット
白井(栗東)
フェルヴィード スペシャルウィーク
リリオ
池江泰(栗東)
コンゴウダイオー Fasliyev
Bonita
山内(栗東)
ジャンバルジャン ジャングルポケット
ネオクラシック
萩原(美浦)
オースミダイドウ スペシャルウィーク
ストームティグレス
中尾正(栗東)
ウィルビーキング グラスワンダー
ゲーリックキャット
松元省(栗東)
コマンドールクロス タニノギムレット
マリーシャンタル
高橋祥(美浦)
クーヴェルチュール ブラックホーク
ヒカリクリスタル
国枝(美浦)
アイアンクイン アドマイヤベガ
ルカダンス
橋口(栗東)
アドマイヤダンク フレンチデピュティ
ロイヤルカード
橋田(栗東)
マイネルカーロ マイネルラヴ
ビンゴハナコ
宮(栗東)
アンブロジンの04 ブライアンズタイム
アンブロジン
池江泰(栗東)
ブレイブボーイ Arch
Grand Prix
山内(栗東)
シャインウェーヴ スペシャルウィーク
シルバーコースト
角居(栗東)

※上から期待値順

以上が、今年2箇所で指名した馬(重複含む)のリストです。他にもいい馬はいっぱいいたのですが、自分の好みに走ったらこういう結果になりました。上記のようなことを言っておきながら、速攻要員で馬体評価があまり高くなかったコンゴウダイオーを選んでいたりします(爆)。まぁ、昨年のチアズガディスのように全く馬体を見たことがないという馬ではないので、判断材料はありました(でもほとんど馬体見ていないオースミダイドウもなぜか指名していたり・・・)。

全体の印象としては、まず社台系が思ったより少ないですね。その時点ですでに負け組必至か?それに対してノースヒルズマネジメントというか大山ヒルズ組が多いですね。これは今年の最も重要視したい点なのですが、今年の大山ヒルズはモノが違う!と感じました。多少根拠もありますが、まぁおいといて単純に現時点での馬体のデキや馬自体の良さも含めて非常に素晴らしい馬が多かったと感じました。

書きたいことは多々ありますので、とりあえず個々の馬達の個人的な見解をすこしずつ書いていきたいと思います。
今日のところはそのリストだけということで。

posted by 馬砂雪 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

ジャリスコライト末脚光った/いちょうS回顧

いやぁ、もう、ちょっとばかし自分のPO馬が勝ったからって記事にするのは、恥ずかしいったらありゃしない。
でも、このジャリスコライトってのがすごんですよ。新馬戦に続いて、オープンのいちょうSでも北村が内に入れて前が詰まったり、2着馬に前をカットされて立て直したりと2度3度不利を受けながら、最後残り1ハロンだけで楽々差しきって上がり33.3秒ですからね。掛け値なしの重賞級です。前半どスローで流れたので勝ち時計は関係なし。それよりこの上がり時計は同日の東京全レース中の最速。ペースがぜんぜん違うので比較してもしょうがないですが、同距離の古馬重賞、富士Sでもダンスインザモアの上がり33.5秒が最高、2歳のこの時期でこれだけの上がりを2戦連続で繰り出せるというのはなかなかのものです。

いちょうSで不利をくらって勝ったというと、エアグルーヴがそうでした(僕はビデオでしか見てませんが)。2着のニシノイツマデモもかなり速い上がりを記録し、完全にスピードに乗っていましたから、それをワンテンポ遅れてなおかつ2馬身差つけたことは驚愕に値します。

兄はアグネスデジタルシェルゲームシェルゲームの馬体が好きで、以前見たビデオでこの馬も似たような体型といいバランスを持っていたのでPOGで指名しましたが、シェルにはできなかった中団で我慢して溜め、直線で切れるという競馬が出来る馬。アグネスデジタル兄と比べるのはまだまだ早いですが、いずれは兄達に並ぶような存在になってもらいたいものです。

次走は、東京スポーツ杯2歳Sが有力とのこと。とりあえず、無事にGIまで行ってもらいたいですね。朝日杯にはおそらくショウナンタキオンなど有力馬の参戦濃厚、対戦が楽しみです。

−追記−
次走はどうやらGI朝日杯フューチュリティSになるようです。
中山でもあの末脚が使えるのか、楽しみです。

posted by 馬砂雪 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(2) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

05-06POG最終結論

これまでクラブ募集馬や各POG本で取り上げられた馬などたくさんの馬たちを紹介してきましたが、最後に今年の管理人最終指名馬を紹介します。ちなみに2つ3つほど掛け持ちしているので、その中で厳選15頭ということにしておきます。
それぞれ、馬体・血統・厩舎(牧場)・そしてPOG適正という4つの評価を添えて羅列してみました。上から期待度が高い順です。あくまで主観なのであしあからず。。

馬体血統厩舎(牧場)POG適正
ビーオブザバン
マイネルヴェステン
ジャリスコライト
キャプテンベガ
テューダーローズ
サンヴィクトワール
アルゴ
アレキサンドリア
ヴィートヴァンクル×
チアズガディス
フレンチアイドル
ベルジュール
フサイチリシャール
セイリングシップ
エイシンウインザー


この他には、バルバロレッドスプレンダーコスモマリアージュツィンクルワンダーといった馬を取りました。この辺は次点級という評価です。

今回特に重視したのは、育成牧場と厩舎、そして血統です。当たり前のことですがそれらを押さえずしてPOGで勝つということはありえません。しかしながら自分はついつい馬体を見て選んでしまう人なので、自分で馬体を見て選んだ中で、特に条件にあった馬を選ぶという形をとりました。どうしてもという馬はその辺無視してでもとりましたけどねw

基本的にノーザンFを中心とした社台グループの育成馬が主です、厩舎はPOG期間にOP勝ちの多い橋口・松田国・山内厩舎を最上級ととらえ◎評価。社台グループとのつながりが深く2歳GIも勝っている松田博厩舎も高評価に。マイネルヴェステンなどは厩舎単独では評価いまいちですがマイネルの育成も加味すると○評価が妥当でしょう。

また血統面では「桜花賞路線で活躍した母の仔」というのをひとつのテーマとしてチョイスしています。牝馬にとって繁殖馬選定の意味あいが最も高いのは2400mという長距離で競われるオークスではなく、マイルのスピード能力を問う桜花賞であるというのが持論で、実際生産者の多くがオークス馬より桜花賞馬のほうが繁殖価値を見出しているように思います。また牝馬が生まれたらまず目指すのもやはり桜花賞だと思います。ということはその頂点を極めた馬、もしくはそこで上位の成績を残した馬というのは繁殖馬として優秀な能力を秘めている可能性が高いということ。ですので今回は桜花賞馬3頭を含む、桜花賞路線で活躍した馬を母に持つ馬をなるべくたくさん選びました。馬体が事前にあまり見れなかったチアズガディスを選んだ理由はそこにあります。あと新種牡馬は未知の部分が大きいので基本的に評価を1段階下げるという形にしました。

POG適正というのはあくまで主観ですが、厩舎やデビュー時期、血統面を考慮した上で、POG期間内に活躍が見込める度合いです。比較的使い出しの早い馬は当然高評価、逆にデビュー時期が定かでない馬は評価を低めで。ヴィートヴァンクルは左前脚が外向していて、いつ故障してもおかしくないという大きなハンデがありますので×です。それでもあえて指名する価値がある馬と判断したのでこういった形になりました。

ドラフトの指名順としてはともかく、今年の馬で最も期待をかけたいのはビーオブザバンですね。2年連続ダービー馬を出したオーナーなのでちょっと人気してしまっていやだったのですが、今年黒本を見たときからこの馬しかないと決めていた本命だけに、この馬には大きな期待をかけています。馬体は美しくかつ力強い。まだ独特の緩さもみせるけどマツクニ流のハードトレーニングで筋肉の鎧をまとった姿が容易に想像できるいい素材です。血統面でも未知な部分もおおいですが、父は現役時代底を見せずに引退してしまった名馬。ミスプロ系は世界中で多様な発展を遂げていますが、すでに日本競馬も席巻しつつあるので、この馬で今一度頂点に君臨してもらいましょう。

はてさて、このラインナップで今年のPOGを勝ち抜けるのかどうか?
いろんな意味で1年後が楽しみです。これらの馬の戦況は今後折に触れて当blogで取り上げたいと思います。

人気blogランキング
posted by 馬砂雪 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

POGピックアップホース5 〜その他のとっておき馬〜

もうPOGのドラフトが終わってしまったグループも多いのではないでしょうか。自分もすべてのドラフトが終了し、とりあえずお目当てはほぼ獲得することができました。その指名馬は後ほど総評でまとめたいですが、今回は最後の推奨馬紹介として、これまで紹介できなかったDVDやテレビ、雑誌の写真、調教その他から目をつけた馬たちをちょっとだけ紹介します。

まずは、Chancey Squawの03(ジャリスコライト)。以前指名したシェルゲーム、そしてアグネスデジタルの半弟にあたります。メディアの露出は少なく、現時点で馬主も厩舎もはっきりしない(一応吉田和子氏名義、藤沢和雄厩舎というのが有力)のですが、運よくGCのうまくらという番組で牧場での映像を見る機会を得ました。この兄弟は体の大小はあれど、みんな同じような形に出ていて、この馬も兄たち同様均整の取れた非常に素晴らしい馬体でした。シェルゲームを一回り大きくした印象でしょうか。距離はマイル〜2000mぐらいまでが良いでしょうが個人的には今年見た馬の中でも1、2を争う好馬体でした。単純にこの兄弟の形が好きなだけかもしれませんがね(笑)。父はFantastic Lightに替わり、未知数な部分も多いですが、デビューしさえすれば確実に走る馬だと思います。血統もBlushing Groomの母Runaway Brideという名牝のクロスが4×3で入っており、Swainを父にもつシェルゲームと非常に良く似た血統(SwainもFantastic LightもBlushing Groomの孫)。大物一発狙いでぜひとも指名してください、という一頭です。期間内にデビューできなくても責任は持てませんw

つづいては、アレキサンドリア。こちらも「うまくら」で映像を見て惚れた一頭。この馬は結構いろんなPOG本にも馬体写真が載っていますが、正直写真を見た印象では母父Kris S.の影響が良く出た馬体だけど奥手かなぁ・・・という程度だったんですが、動いている映像を見て、さらに写真撮影時よりも成長した姿を見たときにぴんときました。これは走る、と。肌の薄さ、ラインの美しさ、そして全体の悠然とした雰囲気は大物感たっぷり。胴が長い割りにクビがやや短めなのが少しバランスを欠くが、それを差し引いても素晴らしい馬体。デビューも秋以降だろうし、音無厩舎なので重賞2着?という感じもしますが、現在リーディングトレーナーの意地に賭けて、今年こそクラシックをという意識は強いでしょう。近藤英子さんとの相性を考えてもデビューすればOP入りは確実。あくまで目標はオークスということで牝馬のホームラン狙いの一頭。

とっておきの隠し玉はエイシンウインザー、朝日杯を勝ったエイシンチャンプの半弟です。赤本に載っていた馬体写真をみて一目ぼれしてしまったので、エイシンチャンプと兄弟だとは後で知りました。非常に発達した前駆とトモの筋肉、スピード能力が違うといわんばかりの素晴らしい体で、バランスも非常に良く完成された馬体。父はMarquetryというConquistador Cieloの直仔で、恥ずかしながら自分はほとんどこの馬について知らなかったのですがBCスプリント優勝馬を2頭も出しているので相当スピードに長けているのでしょう、母父に最近はやりのVice Regent(Deputy Ministerの父)が入っているので日本の適正はある程度ありそうです。日本での勝ち鞍はすべてダートですが・・・、こちらのサイトで詳しく載っています。母のエイシンミシガンも兄弟が米GI馬で近親に活躍馬がいる実はかなり良血。兄エイシンチャンプというと日本ではどうしても穴っぽい(失礼w)印象ですが、血統背景はかなりしっかりしています。厩舎は新進気鋭の岡田稲男厩舎、はっきり言って心配です・・・でも、開業3年目でダービー出走を果たした手腕を信じましょう。超大穴候補で。

あとはGallopPOGのDVD付録で見た中ではバルバロツィンクルワンダーあたりがおもしろそう。前者は肌が薄く発達した前駆とトモの筋肉が素晴らしく、ボリュームのある馬体。胸前の深さは父ブラックホーク譲りですね。美浦で時計も出してますし1回函館3週目でデビュー予定で早くから楽しめる一頭。後者は芦毛にしては肌の薄さが目立ち、全体のバランスがよく、また勝ち気でうるさそうな性格もこの兄弟=母の特徴なのでレースに行っての闘争心につながれば結果がついてくるでしょう。こちらもすでにゲート試験に合格しデビューに向けて万全の構え。2頭とも牝系優秀で屑を出さない血統だけに即戦力としては申し分ないと思います。

次回は僕の最終的な指名馬と今年の総評をしてみたいと思います。

人気blogランキング
posted by 馬砂雪 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

POGピックアップホース4 〜丸ごとPOG(非サンデー産駒編)〜

さてさて、ダービーも終わりPOG期間が終了したところも多いのではないでしょうか。
いよいよ次のPOGに向けてドラフトも本格化の時期になりました。
少し間があいてしまいましたが、今回も週刊Gallop増刊「丸ごとPOG」より馬体(+血統など)から気になる馬をピックアップしてみたいと思います。前回はサンデーサイレンス産駒を紹介したので今回はそれ以外の産駒からチョイスしました。また、以前別の機会で紹介した馬は極力はぶきました。

フラムドパシオン(父クロフネ 母カーリーパッション 栗東・角居勝彦)写真P41
サヴァント03(父アグネスタキオン 美浦・宗像義忠)写真P45
デスバラード(父トウカイテイオー 母ウィスパーモア 美浦・田村康仁)写真P46
メイショウヤヨイ03(父アグネスタキオン 栗東・安達昭夫)写真P47
オーバーシーズ(父クロフネ 母タイムトゥダンス 栗東・松元茂樹)写真P49
アイスドール(父キャプテンスティーヴ 母ビスクドール 栗東・池江泰寿)写真P49
クリスチャンネーム03(父テイエムオペラオー 栗東・安田隆行)写真P50
コスモマリアージュ(父マイネルラヴ 母フォレストブリーズ 栗東・中村均)写真P55

フラムドパシオンはPOG大魔神こと(?)丹下日出男氏がベタ惚れで、各所で注目されていますが、個人的にはあまりタイプじゃないかな。以前この馬の半兄のパラディンという馬を指名したことがありましたが、兄はサンデー産駒でまとまりがあり胸前が発達したいかにもダイナカール一族といった馬体だったのに対し、この馬はクロフネの影響か随所に柔らかさ、緩さを感じます。胸の深さ自体はそれほどでもありませんが、首が非常に長くで頭が低く、そのラインでキ甲から肩口へのラインが非常に寝肩になっています。DVDで見ると後脚の踏み込みがものすごく深く、父クロフネを彷彿とさせました。正直あまりに兄と印象が違うので評価しにくいのですがデビューも早いようですし魅力はあります。体つきからは瞬発力より持続力といった印象を受け切れ味勝負で分が悪いかもしれません、また繋ぎが長い割にかなり立ち気味なのも気になるところ。スピード能力が突出しているなら重賞級までいけるかもしれませんが。

デスバラードもあまり好みのバランスではないのですが、現時点での完成度という点を評価しました。トウカイテイオー産駒にしては筋肉質で、少し堅さを感じさせる印象、胸前やトモの筋肉の発達が顕著で肌の薄さが際だっています。胴が短く首も少し太くてがっしりしているので短距離〜マイル向きでしょう。すでに入厩しており速い時計を出しているので即戦力として期待できそうです。

サヴァント03はサウスニアの募集馬なので写真がみれます。何度となくいろいろな本で紹介されている馬で目にする機会が多いのですが、つい目にとまってしまいます。タキオン産駒らしくトモが発達しておりますが全体の体つきはサンデー系というより母父キングマンボの影響が色濃く出ている感じの馬体。頭が高いし肩も立っているので完全にいいとは言いがたいのですが、まとまりがあって惹かれるところのある馬です。

メイショウヤヨイ03は今年数多くみてきたタキオン産駒のなかなかすっきりとしたまとまりのあるほう。パーツそのものより全体のまとまりのセンスのよさが好印象で、姉同様に安定した実力を発揮してくれそうです。

オーバーシーズはすごくまとまりがいいですね。トモと胸前の筋肉がまるまると発達し、胴の長さも首の長さも脚の長さも、すべてが釣り合いがれている感じ。その他のクロフネ産駒が比較的スラッとしたスマートな形に出ているのに対して、この馬はコンパクトにまとまった印象。こういうタイプの馬はビシビシ坂路で鍛えて筋肉をムキムキにしてやったほうが合いそうで、松元厩舎はうってつけでしょう。早い内からバンバン稼ぎたいという方にオススメの一頭。

アイスドールは父が新種牡馬のキャプテンスティーヴで母はトゥザヴィクトリーの全妹、つまり、2001年ドバイWCの優勝馬と2着馬の妹との配合というなかなかおもしろい組み合わせです。馬体は均整がとれ、バランスが良く、胸の深さや背中にいいものを感じます。トモの作りもしっかりしているし、繋ぎも芝でもいける印象。左前脚の管に骨瘤のようなものが見えるが一過性のものでしょう、父が未知数ですが穴で一考といった感じの一頭です。

クリスチャンネーム03は丸ごとPOGの写真だといまいちピンとこないのですが青本の写真を見たらなかなかいい筋肉しているな、と思いました。脚元の感じや毛色、前と後ろの筋肉の感じは父テイエムオペラオーの3歳時(旧4歳時)とそっくりで、オペラオー産駒の中では最もいいのではないでしょうか。母方の近親にオペラハウスがいてオペラオーとの配合で牝馬のクロスが発生しています、血統的にもおもしろい一頭。

コスモマリアージュは体つきはまだ幼さがありますが、形がよく、また脚元の印象が良い馬。これはマイネルラヴ産駒には総じていえることですが繋ぎから管にかけてのパーツが非常に出来がいい。昨年のコスモヴァレンチと雰囲気が似ています。北海道デビュー組なので即戦力として。

このほかにも、いい馬はたくさんいましたが疲れたのでこの辺までにしておきます。
次回は、丸ごとPOGの付録、産地馬体検査のDVDからいいなぁと思った馬をちょこっと紹介します。
posted by 馬砂雪 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

POGピックアップホース3 〜丸ごとPOG(サンデー産駒編)〜

馬体を見る上では見逃せないPOG本、ギャロップ増刊「丸ごとPOG」から気になる馬をピックアップしてみます。この雑誌は掲載頭数も多いのでカテゴリー別に取り上げてみたいと思います。

まずは、今年がラストクロップとなるサンデーサイレンス産駒から、客観的にいいと思った馬を全頭羅列してみます。

キャプテンベガ(母ベガ 写真4P)
オンファイア(母ウインドインハーヘア 写真5P)
テューダーローズ(母ロゼカラー 写真5P)
ブラックチーター(母ゴールドティアラ 写真7P)
ニルヴァーナ(母ニキーヤ 写真10P)
ナスカ(母アンデスレディー 写真13P)
サンヴィクトワール(母ヴィクトリーバンク 写真13P)
キングアーサー(母クイーンモード 写真14P)
ラティール03(写真16P)
ラビットフット03(写真17P)
ペディクラリス(母マチカネベニザクラ 写真17P)
ミスティックリバー(母ホワイトウォーターアフェア 写真25P)
フサイチシャナオー(母シアトルデライター 写真26P)
アルゴ(母ティークリッパー 写真28P)
アドマイヤダンディ(母プロモーション 写真30P)
ラッセルバローズ(母チアズダンサー 写真34P)
クールカリッジ(母カービーズソング 写真37P)


ちょっと多すぎw
というわけでこのなかから、以前別の機会に紹介した馬を除いた特に気になる馬の話をしたいと思います。

キャプテンベガは、説明の必要のない良血馬。サンデーサイレンス×ベガで成功しないわけがない!とも言い切れないわけですが。写真を見た感じの印象としては肌質が非常に良い、骨量豊富でしっかりとした骨格、四肢のパーツのレベルが高い。血統的な評価を抜きにしても目を引く好馬体。問題は少し相対的に見て脚が長めの感じがすること。バランスの問題ですがあまり長い距離に適正があるとは思えない体つきですね。しかし全体的に独特の存在感を発している馬で他の兄弟達とはまた違った体型でもあります。目がきついのはベガゆずりですねw

アルゴは社台募集馬チェックでも触れた馬ですが再び取り上げます。募集時の写真で見た印象から想像通りいい成長をしてくれたようです。目立つのはなんといっても発達してはちきれんばかりのトモの張り。そして胴回りの肉質が非常に好印象。トニービンの骨格、肉付きにサンデーの肌の薄さや柔らかさが加わっていると考えればかなり良い形で配合のよさが出ているのではないでしょうか。脚が長めで体重も大きいことから故障の心配も少しあり、厩舎も2年目の池江泰寿師ですが父の厩舎で多くのサンデー産駒を手がけた師なら問題ないのかもしれません。キ甲も抜けきっておらず、全体的に緩さがあり現時点では未完成の度合いが強い馬体ですが、逆に伸びシロがたくさんあるという点で大いに魅力ある馬体だと思います。

サンヴィクトワールは栃栗毛の肌が非常に健康的な毛づやで、馬体のラインも丸みを帯びつつ付くところに肉も付いており、牝馬として好感の持てる馬体。少し頭が高そうですがDVDではいい首使いで歩いていたので問題ないでしょう。父サンデー、母父ドクターデヴィアスはダイワエルシエーロと同じで同馬の腹袋の巻き上がり方もどことなくダイワと似ていますね。期待したい一頭。

ニルヴァーナは肌の薄いサンデーらしい馬体に豊富な筋肉、骨格もしっかり。それでいて全体的に硬さをあまり感じさせないつくり。兄がゴールドアリュールということでダートっぽいイメージがありますが繋ぎの感じはそういう印象は受けません。ただ血統的にはやはりダートに出そうな感じで実際DVDでも映像を見ましたが前の筋肉の発達が顕著、う〜ん、ダートのほうがより走るかも・・・でも別にダート馬だから駄目ってこともないですしね。

ナスカは黒本でも大きく取り上げられていた馬で、一応気にはなっていました。馬体の線が細い印象でサンデー牝馬らしいといえばそうですが、体調維持が鍵か。兄のインティライミも割りと細身で走っているのですが、牝馬だけにあまり細すぎるのは個人的に好みではないですね。馬体のラインは非常にきれいで品のある感じ。バランスもよく、つくとろに肉は付いている。走るサンデーの要素は押さえています。あとは中身次第。

ペディクラリスは、これまた牝馬ですが、こちらは非常にボリューム感たっぷりの馬体。肌の薄さや筋肉の付き方は上質。骨格もしっかりしていてさすが血統馬という感じ。少し馬体が立派過ぎるぐらいで個人的な好みからは外れますが、堅実に走るタイプだと思います。厩舎が厩舎だけにすごい大物に育つかもしれませんがデビューまで時間がかかるタイプかもしれません。

フサイチシャナオーは、最初見たとき一目見て首の角度やバランスがいいなぁと思った馬。ぱっと見で目を引く「かっこよさ」みたいなものがある。しかし良く見てみると胸の深さが足りないし肩の角度も立ち気味、少々華奢な感じにも映ります。血統的にもサンデーとあまり相性の良くない母父ですし見かけ倒しの可能性もあるかも。ちなみにセレクトセールで9000万の値がついたそうです。

その他の馬も、全部は紹介しきれないですがそれぞれに魅力があり、また減点材料も見受けられます。果たしてこの中にスゴイ馬がどれだけいるのでしょうか?
次回は同じく「丸ごとPOG」からサンデー産駒以外の注目馬を紹介します。

人気blogランキング
posted by 馬砂雪 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

POGピックアップホース2 〜POGの大穴(黒本)〜

今回は、“POGの邪道”と称して、普通のPOG本ではなかなか紹介されないような地味な血統の馬にまでスポットを当ててPOGの穴馬を探そうというコンセプトの「POGの大穴」通称“黒本”の中から、個人的に良いと思った馬を厳選して紹介したいと思います。以前のクラブ馬紹介優駿5月号の回で紹介した馬に関しては一部を除いて重複するので省きました。

ビーオブザバン(父King's Best 母シーズアン 栗東・松田国英)
ヴィートヴァンクル(父ブライアンズタイム 母キョウエイマーチ 栗東・中竹和也)
ヴァリアントホーク(父グラスワンダー 母アドマイヤサンデー 美浦・河野通文)
ミロンガ(父クロフネ 母パンパードスター 栗東・安田隆行)
ブローオブサンダー(父クロフネ 母ピールオブサンダー 美浦・堀宣行)
フサイチリシャール(父クロフネ 母フサイチエアデール 栗東・松田国英)
タイセイグリーン03(父チアズサイレンス 母タイセイグリーン)

さすが黒本、サンデー産駒がいませんw
チョイスの問題ですがね、実際クラブ馬紹介とかぶったので省いただけでオンファイアアドマイヤダンディなどの馬はやはり非情に良くみえました。

ビーオブザバンは父がKingmambo直仔King's Bestということであまり日本ではなじみがないのですが、英2000ギニーであのアイアンホースGiant's Causewayを破り勝利しました、詳しくはこちらのblogで紹介されてます。母も英2歳GI勝ち馬ということで血統的にはかなり良血の部類でしょう。本馬の魅力は何と言っても、均整のとれた馬体と輝くような肌のつや。筋肉の隆起がはっきり分かる力強い馬体なのに、決してマッチョではなくスマートで体に伸びやかさがある。トモも胸も大きく角度も絶妙、表情はすこしキングマンボらしい不細工さ(笑)がありますが、目に力を感じるし申し分なし。2歳の時点でここまで大人びた風格のある馬体で今後はどうなってしまうのか?と思うけど、単なる早熟馬ではない奥の深さがある馬だと思います。今年見てきた中では一番ピンときました。

ヴィートヴァンクルキャロットの募集馬紹介でも触れましたが、予想以上に良くなったので再度取り上げることにしました。募集時の写真ではパーツの大きさばかりが目立ち、どこか重苦しく感じる馬体で果たしてどこまで絞れてくるかと思っていましたが黒本の写真では、かなりすっきりとして筋肉の隆起もはっきりと分かるようになりました。この馬は左前脚が外向していて募集価格が控えめになったといういわく付きの馬ですが、調教も順調に1515までこなしているようで、その点については今のところ心配ないようです。とはいってもいつ怪我を誘発するか分からないし、最近芝ではめっきりのBT産駒だけに当たればデカイがはずれも覚悟が必要か。ホームランか三振かというタイプです。

キャロット紹介時はスルーしていた馬ですが、ヴァリアントホークはグラス産駒とは思えない(失礼w)、非情に均整のとれた美しい馬体。それでいてパーツはそれぞれしっかりしていて逞しい。ちょうど、とらなかったけど目をつけてたフェリシアもグラス産駒にしては均整のとれたラインの綺麗な馬だったので、牡牝の差はあれどグラス産駒を見分ける上での一つの指針になるかもしれません。まだ多少緩いところもありますが、それでも成長したらさぞ上質な筋肉になるだろうと想像できます。母はセレクトセール常連のアドマイヤサンデーで半妹アドマイヤメガミはクラシックに乗りました、血統的にもかなりの爆発力を秘めています。惜しいのは、体重が現時点で550キロ以上という超巨漢だということ。故障や仕上がりという点でPOG的には大型馬は極力さけたいところですので、大穴候補でしょうか。

ここでクロフネ3連発!
黒本に掲載しているクロフネ産駒は、父フレンチデピュティとは全く違うスマートな馬体の馬が多いです。クロフネ自身はマッチョな馬体ながらスラッとしたところもありましたが、産駒には馬体のシルエットが受け継がれているように感じます。ミロンガはバランスの良い馬体で全体的に伸びやかさがあります。胸には父譲りの筋肉もあり立ち姿はなかなか決まってます。フサイチリシャールはこれもまた好バランス、筋肉もしっかりついているし芦毛ながら肌の薄さが目を引きます。ブローオブサンダーは肌つやがいかにも健康そう。前記2頭同様バランスも良くスマート、それでいてつくところにはついている、とてもクロフネ産駒とは思えません(超失礼w)。
クロフネ産駒に関しては、一つ思うところがあります。父が切れ味優先のタイプではなかっただけに、サンデー系全盛の今、勝ち抜くためには母父からある程度の瞬発力を受け継ぐ必要があるかもしれません。クロフネ産駒でサンデー産駒に勝ちたいなら、母父サンデーの馬にしたほうがいいかも(爆)、フレンチ×サンデーも成功してるしね。

最後に大穴候補で、ビッグレッドファーム育成馬から一頭。マイネル募集馬の紹介でもすこしだけ触れましたが、タイセイグリーン03はいい馬体だと思います。父はチアズサイレンスですがサンデー系らしいシルエット、尻を後ろから見たときの形も立派です。冬毛ボーボーながらなかなかの馬っぷり。欲を言えばもうすこしトモ全体が大きければいいんだけど、まぁそこは仕方ないか。穴で一考。

正直、今回は昨年のマイネルハーティーほど心引かれた馬はビーオブザバン以外はいませんでした。まぁ一頭でもそういう馬が見つかれば幸せなんですけどね。次回からは、Gallop増刊「丸ごとPOG」からテーマごとに分けてピックアップしていきます。

人気blogランキング
posted by 馬砂雪 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

POGピックアップホース1 〜優駿5月号〜

さてさて、今年もドラフトの時期が近づき、今年のPOGに向けいろいろな本が出てきました。これから徐々に各POG本のなかで目にとまった馬を紹介していこうと思います。

まずは先月発売された「優駿」5月号よりサンデーサイレンス産駒ラストクロップ特集の中から紹介します。
よく見えた順に。

テューダーローズ(牡、母ロゼカラー、母父Shirley Heights)
オンファイア(牡、母ウインドインハーヘア、母父Alzao)
グレースアドマイヤ03(牡、母グレースアドマイヤ、母父トニービン)
ティークリッパー03(牡、母ティークリッパー、母父トニービン)
アグネスサージャン(牡、母アグネスフローラ、母父ロイヤルスキー)
アドマイヤダンディ(牡、母プロモーション、母父ヘクタープロテクター)
チアズダンダー03(牡、母チアズダンサー、母父アンバーシャダイ)
ギュリル(牡、母ゴールデンサッシュ、母父ディクタス)

社台系の一口クラブ募集馬のときには全く触れなかった馬も何頭かいますね(汗
社台やサンデーRの募集写真は1歳時の写真なのでそれからかなり成長している馬も多く、中には想像を超えて良いバランスに成長した馬もいます。サラブレッドは生まれたときから2歳までで成体の80〜90%ぐらいの馬体重になるといわれているので、この時期は成長の過渡期で一見バランスの悪い馬もいます。テューダーローズオンファイアは募集写真は正直あまりぱっとしないバランスですが、優駿の写真では非常に良いバランスに見えます。ティークリッパー03は予想範囲内の成長ですが多少形は変わっていますね、良い方に出ていると思います。ギュリルはもともと良いバランスでしたね、これは見落としてました(笑

真っ先に挙げたテューダーローズはバランスの良さが目を引きます。現時点ではまだ前が勝ったバランスですが、じきにトモも大きくなるでしょう。首も長さ角度とも申し分なし、全体から感じるセンスが並々ならぬモノがあります。

オンファイアは言わずとしれたディープインパクトの全弟。募集時の写真ではそれほど印象に残る感じではなかったのですが、ここの写真ではコンパクトにまとまった非常にバランスの良い体つきと、弾力のありそうな筋肉の質、肌の薄さが異彩を放ちます。顔もディープ似の童顔で、印象的にはブラックタイドよりディープインパクトに似ています。問題は体重が500キロということで故障等々、厩舎が藤沢厩舎だけにダービーまでにデビューできないなんてこともあり得るかも。

ティークリッパー03は胴回り、肩先、トモの胴体部分が非常に好印象。ややトニービンらしいアンバランスさもあり、評価が分かれそうですがこれは良い方にでると見ました。若干首が胴に対して短い気もしますが許容範囲内。これも馬体重が516キロというのがネックか。

その他では、アグネスタキオンの全弟にあたるアグネスサージャンは兄達とは少し形が違いますが、パーツそのものがまずまず。バランス的に好みではないのですが、この馬体でこの血統なら水準以上走ると思います。アドマイヤダンディは見栄えする好馬体で発達した筋肉と長くて角度のいい繋ぎが特徴的。首が高すぎるのは少々いただけないところですが馬体からの印象はかなり強い。ただ、母父ヘクターの影響で見栄えする馬体になっているだけかもしれないのでなんとも・・・まぁこの繋ぎでダート馬てことはまずないでしょうが。チアズダンサー03はチアズブライトリーやチアズメッセージの全弟。細身ですが好バランスで全体の締まりも良くセンスが感じられます。肌も薄くこの馬体でこの体重なら順調ならば兄弟以上に活躍が見込めるかもしれません。ギュリルは首が独特の形ですがパーツそのものは良好で独自のバランスを持っています。ステイゴールドの全弟ですが500キロを超す大型馬、この一族ということを考えてもややPOG向きとは言い難いかな。

社台系の馬が多く、はっきり言って他にも気になる馬は山ほどいましたがきりがないのでこの辺で割愛。正直サンデーって言う時点である程度の確率で走ることは約束されているんですよ、どんなに馬体の形がよく見えなくても1勝ぐらいはしてくれる、それが血統の力です。そのなかからどれだけ可能性を絞り込むことが出来るか、それが馬体を見るポイントではないでしょうか。次回は黒本こと「POGの大穴」より気になる馬を紹介してみます。

人気blogランキング
posted by 馬砂雪 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

POGのお話(エアサバスとマイネルハーティー)

競馬ファンの間ですっかりおなじみのPOG(ペーパーオーナーゲーム)。自分も毎年やっていて、今年も10頭の馬をデビュー前に選択し、翌年のダービーまでの間の持ち馬の賞金総額を競っているわけです。ここでちょっと今年注目している馬を紹介。

基本的に馬選びは馬体中心(血統も加味)でやるのですが、その中でも今年本命視した2頭がエアサバスマイネルハーティー

エアサバスのほうは、父サンデーサイレンス、母アイドリームドアドリームという血統。兄に2冠馬エアシャカール、姉にエアデジャヴーがいる超良血馬。しかも厩舎はリーディングトレーナーの藤沢和雄厩舎ということでデビュー前からかなり話題が集まっていました。POGでも相当人気しましたがそれでも獲りたいと思ったのはやはりバランスのとれた馬体、肌の薄さ、骨格、筋肉、そして顔(結構重要)どれをとっても素晴らしい水準だったからです。一目見てトータルバランスに惹かれ意地でもとってやろうと思ったものです。

マイネルハーティーは父が新種牡馬のマイネルラヴ、母シビルスイート。これといった活躍馬が近親にいるわけでもなくわりと地味な血統です。しかしながら黒本で見た馬体のバランスのよさ、繋ぎのやわらかそうな脚元、一目見てすっかり惚れてしましました。ビッグレッドFの育成馬は夜間放牧されており、同じ時期の他の牧場の馬と比べて冬毛がボーボーなのが多いんですが、この馬は冬毛があるにもかかわらず肌の薄さが際立っていたのも目を引きました。

そんなわけで、馬体的にかなり自分の好みだった2頭が今年のエース候補となったわけですが、順調に成長し、2頭ともだいぶ立派になりました。

エアサバスは新馬戦を勝った後、東スポ杯2歳Sで4着しその後放牧をはさんで現在美浦で調教中。まだ全体的に弱いところがあるらしくなかなか調教ピッチが上がらないのが気がかりですが、藤沢調教師も相当期待しているようで、ダービーのころをピークにもっていけるよう育てるとのこと。その前に重賞1つでも勝たないと出れない可能性のほうが大きいので、なんとか頑張ってほしいもんです。

マイネルハーティーのほうは夏の函館でデビューし勝ち上がると函館2歳S6着、京都で500万を勝った後、東スポ杯5着、GI朝日杯FSでは4着に健闘。さらに年明けのシンザン記念ではペールギュントと大接戦の末2cm差に泣きハナ差の2着。かなりのレースを消化しましたが期待以上の大活躍でマイル路線では間違いなくトップクラスの実力をつけました。現在ビッグレッドで休養&トレーニング中ですが、今後は若葉Sで復帰しそこで通用するようならクラシック路線を歩ませるとのこと。マイルなら重賞でも勝ち負けできるというのがわかっているだけに、ここでのクラシック参戦は非常に悩ましいですが、体型的には距離をこなせる感じはあるので期待もあります。騎手も調教師もまだまだ体にゆるいところがあるから、もっとよくなるというコメントを発していることからも、今後の成長にさらなる期待をしたいところ。

なおマイネルハーティーについてはこちらのblogで会員様のお話を読むことができます。
posted by 馬砂雪 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。