2007年05月20日

2強が抜けた穴は・・・/オークス回顧

飲みに忙しくてレース予想が書けなかった・・・。桜花賞1、2着が不在の混戦オークスは5番人気のローブデコルテが直線一気でベッラレイアを差し切り、見事樫の女王に輝きました。

成績・映像など
http://jra.jp/datafile/seiseki/g1/oaks/result/oaks2007.html

しかし驚いた、ローブデコルテが勝ったこともそうだが、結構人気していたという事実を後から知って余計に驚いた。やっぱり鞍上福永祐一が「オークス男」ということで売れてた部分もあるんだろうか。。

確かにパドックの出来は秀逸でした。後だしだから恥ずかしくてあんまり書きたくないですが、当日パドックで一番よく見えたのはこの馬、芦毛の馬体がうっすら汗をかいて非常にバランスの良い肉付きが印象的でした。じゃあなぜ馬体チェックで軽くスルーしたのか・・・。うーん、正直こぢんまりした馬で、しかもまとまりが良すぎるきらいがあるのでマイルまでの距離がベストかなという意識があったからです。実際今日のパドックの評価は高くても、あくまでこの馬の状態の問題であり、オークスの距離に適正があるとは思えないので馬券的にはまったく無視。そういえば2年前のオークスの時、このブログで「3歳牝馬同士の2400m戦は1700m戦ぐらいの意識で買えばいい」というようなことを書いたのを思い出しました。牝馬の場合本当の距離適性がはっきりしてくるのは古馬になってから、3歳同士でやってるうちは距離適性より馬の完成度と仕上がりを重視すべきと。まさにそんな感じでしたね。ローブデコルテといえば、この馬が勝った新馬戦は函館競馬場で生でみたんですよねぇ。牝馬ながら牡馬相手に中距離で勝って、あとでこのままGI直行するという話を聞いたときに陣営の期待の大きさを感じたのを覚えています。どちらかというと桜花賞かなと思っていた馬ですが、まさかオークスを勝つとは。ちなみにそのときの鞍上は安藤勝己騎手、なんという皮肉・・・

ベッラレイアはいつになく前につけて、直線では早めに抜け出す横綱相撲。結果的には負けたとはいえ、間違いなくこのメンバーでは一番強い競馬をしたといえるでしょう。展開のアヤといってしまえばそれまでですが、GIで初めて1番人気の重圧を背負った秋山にとっては、少しでも不利のないよう前につけたいという気持ちがあったはず。今日のペースは前半かなり早く、追いかけた馬たちはほとんどが失速していたように、あの展開で番手から最後まで凌ぎきろうかという脚が続いたこと自体この馬のポテンシャルの高さの証明になりました。だが、クラシックは終わってしまった・・・。平田調教師にとっても、秋山騎手にとっても「この次」がいつになるかわからないビッグチャンスを逃してしまった悔しさは計り知れないでしょう。そして「2強」がいなかったここで勝てなかったということの大きさも。

結果からいってしまえば、2強の不在を余計に印象付けた内容のオークスでした。桜花賞4着のローブデコルテが唯一の対抗勢力だったベッラレイアをねじ伏せた。カタマチボタンが凡走しているので簡単には言えませんが、ここにウオッカ、ダイワスカーレットが出走していたら、やはりもっと高レベルの競馬をみせていたのではないでしょうか。感冒というアクシデントでオークス回避となった桜花賞馬、あえて牝馬同士の争いから牡馬との戦いへ矛先を変えた2歳女王。勝ったローブデコルテ以上に2頭のことばかり考えてしまいます。ダイワの復帰はおそらく秋になるでしょうが、ウオッカはそのチャレンジの答えが来週出ます。果たしてどれだけの競馬を見せてくれるのか?

いよいよクライマックスです。

robe.jpg
(おまけ)ローブデコルテの新馬戦、ボケてるけど
posted by 馬砂雪 at 21:25| Comment(1) | TrackBack(1) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コジーン産駒やしねぇ・・・先入観から2400mは買いづらいよね。
3連複で買い目に入っていたけれど、3着が。。。
PATに入ったばかりの金が溶けていきますわ・・・。
Posted by 上な人。 at 2007年05月20日 23:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42362013

この記事へのトラックバック

優駿牝馬(オークス) 結果 【ローブデコルテが外国産馬初のクラシック制覇!ベッラレイアは9cm差の2着!】
Excerpt: 2007年5月20日(日) 3回東京2日 11R 第68回 優駿牝馬(オークス)(G1) サラ系3歳 2400m 芝・左 牝(指定) オープン 定量 本賞金: 9700、 3900、 240..
Weblog: 競馬予想ブログ 複勝馬券生活
Tracked: 2007-05-21 13:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。