2007年04月14日

歴史は繰り返すのか?/皐月賞展望

6年前の春、1枠1番で皐月賞に出走した馬はスタート直後に躓き、無敗の栗毛馬の後塵を拝した。

あれから7年。再び歴史は繰り返すのか、奇しくも父と同じ1枠1番に入ったフサイチホウオー。前売り時点の1番人気は6年前の皐月賞馬の仔アドマイヤオーラ。初めて相対する2頭に割って入る新興勢力ココナッツパンチも侮れない、父は6年前の菊花賞馬。クラシックホースの息子達がどんな戦いを見せるのか、これは夢の続きなのかもしれない。
明日はいよいよ皐月賞、ホウオーを初め、僕の大好きな2001年クラシック世代の子供達が主役とあって、気合い入れてブログ書こうと思ったら、出張先でPCまさかのクラッシュ!携帯で書く羽目に…
疲れるので展望だけ手短に。

やはり総合力とポテンシャルではフサイチホウオーがNO.1というのは変わらず。ただ手前替えに見える幼さや不器用さはマイナスでしょう。

2番手にはヴィクトリー。1週前追いきりで放馬したりと破天荒だがやはり潜在能力は底知れない。

3番手に新星ココナッツパンチ。キャリア1戦で挑んだ弥生賞の内容が秀逸だが馬体も素晴らしい。

アドマイヤオーラは強いけど長い脚使えるタイプじゃないしGIの厳しい流れにむかないかな。

とにかく楽しみな一戦、好レースを期待したいですね。
posted by 馬砂雪 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | レース予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。