2007年03月25日

中京開催終了!そして思ったこと

僕の社会人生活の中で一番長く、そしてある意味あっと言う間に感じた1ヶ月がなんとか終わりました。この1ヶ月間はずーっと競馬開催に携わる仕事をしていて、本当にたくさんのことを勉強し、経験しました。初めての会社でいきなり現場に入ったりと馴れない環境で不安や戸惑いもたくさんありましたが、苦労の分、得たものも大きかったです。はっきりって1年そこらでどうこうなる仕事ではないと思いますが、やりがいがある仕事で充実した毎日が送れていることがうれしいです。

クライマックスの高松宮記念、スズカフェニックス武豊の雄姿。レース前はこんなにしょっぱいメンバーでGIなんてと思っていましたが・・・やはり生で体験すると感慨ひとしおでした。競馬ってこんなにカッコイイのかと改めて思いました。

さて、クラシックの足音がもうすぐそこまで近づいています。桜花賞はやはり3強の争い。ウオッカが抜けているという見方が大勢ですが、個人的にはマイル限定ならダイワにも逆転の目があると思っています。マーチャンはいかんせんスピードがありすぎて2頭と比べるとスタミナが厳しいか、展開次第ではあるが・・・

牡馬のほうは負かした相手がことごとく活躍している無敗のフサイチホウオーが一応の主役で、未対戦のアドマイヤオーラをはじめ、ナムラマース、フライングアップル、ヴィクトリー、アサクサキングスなどがリベンジに燃えるという構図。ホウオーは着差をつけない勝ち方だから、インパクトという点では弱いものの、これまでの対戦相手のレベルの高さは疑いようがなく、皐月賞の中心は揺ぎ無いか。中山で多頭数をどうこなすか、また、共同通信杯からぶっつけという未だ優勝馬のいないローテがどうか、など不安な点はいくつかありますが、個人的には左手前で走るのが得意なホウオーにとって、直線でスムーズに手前替えできる右回りの、しかも坂のあるコースは向いていると思います。父と同じローテでジンクスを破れるか?これはやってみないことにはなんとも・・・ジャングルポケット産駒が全般に使ってよくなるタイプが多いのでどうでしょう?やっぱりダービーを勝ってほしいなぁ


posted by 馬砂雪 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。