2005年12月20日

バルク復調気配・ディープはまずまず/有馬記念馬体チェック

いよいよ、今年の競馬もあと一週を残すばかり。最後はグランプリ・有馬記念です。美浦・栗東共に今年の冬は例年より冷え込みがきつく、 冬毛の目立つ馬が多く、馬体を見る上でも非常に悩ましい状態です。GI連戦の最後とあって疲労度も気になるところ。では、見ていきましょう。

◆有馬記念(GI)  PHOTOパドック(競馬ブック)

まずはなんといってもディープインパクト。今回は菊花賞から約2ヶ月間隔があきましたが、 若干緩んだか。さすがにこの寒さで少しばかり冬毛が出始め毛づやも最高とまではいきませんが、トモやヒバラのあたりの張りは充分、 全体的に良くまとまった感じはさすがです。ただ、お腹のラインは前走時と比べるとやや丸みを帯びて、 アバラがうすっすら浮いていた当時より少し肌に厚みが感じられます。肩の肉付きもいまひとつ物足りない印象で、やや迫力不足かな。 昔からこの馬体であまり変化の無かった馬なので、それほど気にする必要もなさそうです。多少緩いところが残っている馬なので、 意外にもまだ成長の余地があるのではないかなぁといった感じです。ここは一息入っての一戦、仕上がり面は前走時のほうが上。 しかし激戦の古馬と比べ、疲労感が全くないのがいいですね。そういう意味ではいい状態で臨めるといえるかもしれません。
菊花賞】 →【今回

今年未勝利、後が無い前年チャンピオンのゼンノロブロイ。 今度こそ復権して引退の花道を飾りたいところですが、馬体のシルエットはほとんど変化なし。冬毛が出ている部分はしょうがないとして、 その上からでも皮膚の薄さが伝わってくるいい仕上がりで、さすが藤沢厩舎といった感じ。改めてみると、 クビ差しが太く筋肉が盛り上がったスピードタイプの馬体だなぁと思います。完成された古馬の風格、連戦の疲れは感じられません。
ジャパンC】 →【今回

こちらも引退レースのタップダンスシチー。 前走ジャパンカップでは一度叩かれたことで馬体に張りと締まりが戻り、非常にいい馬体で望めました。 今回も腹袋のラインはこの馬としてはいい状態をキープしているように思えます。アバラもうっすら浮き、仕上がり自体は問題ありません。 ただ、 JCで激走した反動でしょうか、トモの張りが若干落ちた印象で、全体的にもやや力強さが感じられません。 光の加減もあるので一概に言い切れませんが、ジャパンCのときのほうが元気があったように思えます。最終追い切りの動き注目ですね。
ジャパンC】 →【今回

エリザベス女王杯2着から意欲の参戦、オースミハルカ。馬体は高レベルをキープし、 非常に逞しい印象。胸が深く、首の角度が絶妙で、それでいてトモも力強く、牝馬ながら堂々の迫力。 仕上がりもエリ女のころと変わりなくほとんど無駄の無いつくり。ヘヴンリーロマンススイープトウショウと牡馬を打ち負かした牝馬たちに共通するのは 「ボリュームのある逞しい馬体」で、この馬も当てはまります。一発ある馬だと思っていいでしょう。
エリザベス女王杯】 → 【今回

再起を図るコスモバルク前走時のPHOTOパドックは酷く、酷評しましたが、今回はだいぶ良くなり、 むしろ好調時を髣髴とさせる印象です。光が強く毛づやが非常によく映りますが、 肌の薄さはさすがで、かつての輝きを感じます。落ちていた筋肉も戻りつつあり、立ち姿に迫力が出てきました。 この馬の場合元気なのが一番、今回は状態急上昇で大復活劇も大いに期待できます。
好調時(04ジャパンC)】→ 【05ジャパンC】 → 【今回

JC2着、日本馬では最先着を果たし、現役最強に王手をかけたハーツクライ。休み明けの天皇賞のデキがすごすぎたせいで、 比較してしまうと張りやボリューム面で見劣りしてしまいますが、シルエットはすっきりみせている割りに腹はしっかり逞しく、 充分な張りもあり、決して悪くは映りません。追い切りでもいい動きを連発していて疲れは無いように思えるのですが、 あれだけの時計で走った後ではやはり心配です。パドックで必要以上にテンションが高くなければ、大丈夫でしょう。
天皇賞(秋) 】→【今回

不得意と思われていた東京コースであわやの4着だったリンカーン天皇賞の時点でほぼ出来上がっていましたが、 JC、 そして有馬までその状態を維持しています。馬体に張りがあり、ボリューム満点。腹がすこし太めに映るのは元々で、 JC後の疲れは皆無に見え、相変わらず好調をキープしているように思います。 今回の出走馬の中で一番良い状態の一頭ではないでしょうか。
天皇賞(秋) 】→【今回

ステイヤーズSで見事復活勝利を挙げた昨年菊花賞馬デルタブルース。久々に馬体を見ましたが、 昨年より締まってだいぶ完成されたなという印象。トモの形や張り、肩の肉付きなどは申し分なく腹袋も立派。 胴周りが逞しく少し寸が詰まって見えるのは同じ父をもつダイタクバートラムのも同じで、 ダンスの産駒はこのタイプのステイヤーが多い。 リンカーンと同じく非常にいい状態。
04ジャパンC】 →【今回

スズカマンボは目立った変化はなく、相変わらずの馬体。 悪くないけど特に強調点も無いといった感じ。欲をいえばもう少し迫力が欲しいところ。
ジャパンC】 → 【今回

ヘヴンリーロマンス
は完全に冬毛に覆われてしまったw。 まぁこういう馬なんでしょうがないですが・・・。全体的にピリピリとしたものが無いですが、体調だけは良さそうで、 馬体も牝馬にしてはボリューム感があり、前走ぐらいのレベルを維持。前走でもそれほど負けていないので、展開向けば出番はあります。
ジャパンC】 → 【今回

サンライズペガサス
は今回は状態ダウンか。 元々見栄えのする迫力の馬体ですが、今回は覇気に乏しく全体のボリュームもしぼんでしまった感じ。毛づやもいまいちで、 天皇賞のころのはちきれんばかりの好馬体はなりを潜めています。 割と消耗するタイプの馬だけに4戦目での上がり目は厳しいか。
天皇賞(秋) 】→【今回



posted by 馬砂雪 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(11) | 馬体チェック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【有馬記念】過去の勝ち馬の血統
Excerpt: 【有馬記念】過去の勝ち馬の血統。ターントゥの天敵はブラッシンググルームですが・・・
Weblog: 【血統フェスティバル】blog
Tracked: 2005-12-20 20:45

有馬記念【展望】
Excerpt: JRA2005の有終の美を飾りたい そして さらにファイナルSも当てたいです 去年はゼンノロブロイを一瞬の脚しか使えない と決め付けて痛い目に遭いました( ; ‐ω‐) しかも海外帰り..
Weblog: そこで馬が走るかぎり
Tracked: 2005-12-20 22:04

有馬記念【独自馬体診断】
Excerpt: 注目はディープインパクトで簡単に押し切る可能性は高い!だ が不安要素がない訳ではない!14日にそこそこの調教を消化 し17日は不安な時計を出し18日は軽めの調教で最終追い切 り21日に注目か?馬..
Weblog: 今週のターゲット
Tracked: 2005-12-21 00:59

有馬記念・その2
Excerpt: JRAのホームページには、有馬記念のプレレーティングが掲載されている。 今回の有馬記念はディープインパクトが出走、初の古馬対決で注目されているが、果たしてどんな数値になっているのだろうか。 ..
Weblog: だいちの部屋・ブログ版
Tracked: 2005-12-21 02:11

有馬記念 傾向と対策
Excerpt: 有馬記念は鮮度が命。 【優勝馬の傾向】 ■秋のG1消化数1戦以内 >エルノヴァ   オースミハルカ   オペラシチー   グラスボンバー   コイントス   コスモバルク  ..
Weblog: うまなりの世界
Tracked: 2005-12-21 03:12

有馬記念データその2 王者への道!?
Excerpt:  さて今日は有馬記念データ第二段です。今回もプラスデータしっかり見つけてきましたよ。前回のデータを見る限りなんでもあり!みたいに見えないこともないですが、過去10年分だけで??
Weblog: TomyBox-データ中心の個人競馬予想-
Tracked: 2005-12-21 05:06

有馬記念過去のレース回顧からの検証
Excerpt: 今週1週間は有馬記念特集 〜掲載予定〜 ・12/19(月)は、昨年的中した有馬記念データ公開 ・12/20(火)は、有馬記念過去のレース回顧からの検証 ・12/21(水)は、競馬ブロガーの有馬..
Weblog: 栄光の競馬道ブログ
Tracked: 2005-12-21 09:20

荒れない有馬記念
Excerpt: 14番人気のダイユウサク、15番人気のメジロパーマーが優勝した平成3・4年頃は「有馬記念は荒れるレース、年末ジャンボに一攫千金」も夢ではなかったけれども、長い歴史を見れば、シンザンもシンボリルドルフも..
Weblog: 時代のウェブ・ログ
Tracked: 2005-12-21 14:11

有馬記念プチ情報♪データで絞込み☆
Excerpt:  さぁ、今週末はいよいよ待ちに待った有馬記念です。それもディープが無敗の4冠馬を目指します。おそらく、単勝オッズも1倍台前半になるでしょうがそのすばらしい最高傑作の馬を負かそうとたくさんの馬が襲い掛か..
Weblog: Dynamic range
Tracked: 2005-12-21 20:49

有馬記念特集3 馬体重から見たディープインパクトの死角!
Excerpt: 有馬記念特集??「馬体重から見たディープインパクトの死角」です。 下記の表は75年以降、有馬記念で454??以下で出走し3着以内に入った馬の表になります。 年度馬名 旧馬齢着順 馬体重 ..
Weblog: 競馬重賞予想ブログ 目標3連単で小金持ち!やっぱりG1馬かよ
Tracked: 2005-12-22 08:03

有馬記念
Excerpt: おそらくディープインパクトが勝つだろう。しかし、単勝1.5倍だから、勝つ確率が3分の2以上でないと、単勝を買って期待値が1を超えることはない。そこで、果たして3分の2以上あるかというと、微妙である。今..
Weblog: 第二のヤフーを求めて
Tracked: 2005-12-25 11:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。