2007年06月24日

新王者誕生/宝塚記念回顧

牝馬として64年ぶりに牝馬のダービー馬となったウオッカ、古馬の頂点に立ったメイショウサムソン・ダイワメジャー、ドバイで世界に強さを見せ付けたアドマイヤムーン、そして昨年の最強牝馬カワカミプリンセス。今年の宝塚記念はまさにグランプリの名にふさわしい、近年稀に見る好メンバーが揃った1戦でした。雨の降る重馬場の阪神競馬場、直線大外から抜けたのはアドマイヤムーン、ついに国内のタイトルを手にして真の王者となりました。

成績・映像など
http://jra.jp/datafile/seiseki/g1/takara/result/takara2007.html

ローエングリンが逃げて前半57秒台というこの馬場としては超ハイペースの流れを、馬群がやや縦長になりながら3角でメイショウサムソンが仕掛けていき、ウオッカを始め有力馬も一斉に動き出す実に見ごたえのある展開。満を持して直線先頭に立ったメイショウサムソンを内からウオッカが食い下がり、外からアドマイヤムーンが一気に並びかける。最後まで抵抗したメイショウサムソンの粘りは感服したが、それでもしっかりねじ伏せたアドマイヤムーンの強さは際立っていました。これぞ王者の競馬。これまでアドマイヤムーンには切れ味は超一級でも溜めが利かない展開で地力勝負になるとどうしても劣ると見ていましたが、今日の競馬は完全に正攻法。もともとひづめの形から重馬場が得意なのはわかっていましたがメイショウサムソンを並んで抑えたのは偉い。これで国内中距離最強を証明しました。この馬はどんどん成長してるなぁと感じます、エンドスウィープ産駒の成長力は本当に素晴らしい。そして負けたサムソンも強かった。2頭とも胸を張って秋は海外にいけるでしょう。日本での再戦を期待します。

惨敗を喫したウオッカ、やはり牝馬でこのローテーションは過酷だったのか、はたまた馬場の悪化で持ち味が出なかったか。個人的には馬体の出来、調子は完調に思えました。体重も増えて、馬体も充実、張りのある非常に素晴らしい状態。ただスタート直後から掛かってかなり消耗してましたし、緩い馬場も彼女の持ち味を生かすにはまったく不向きな舞台だったと思います。それでも古馬の牡馬相手にあれだけの見せ場をつくってみせた根性、それこそがあの馬の強さだと思います。今後の予定はわかりませんが、まだまだ強くなる馬だと思いました。今日はある意味完敗ですが、条件変わればこのメンバーでも勝負になる馬だと思います。

さて、これで春のGIもすべて終わって、完全に夏競馬モードに突入です。僕は実はこの時期の競馬が一番雰囲気が好きです。未来のダービー馬候補たちがデビューする新馬戦、夏の太陽が燦燦と照りつける眩しいターフを見るとワクワクします。競馬というものがここから始まっていくんだなぁという感覚、それこそが僕が競馬を好きな理由に深いところでつながっているような気がします。POG的にも非常に楽しい季節ですね、昨年の結果と今年の指名馬も次回ちょっとだけ紹介してみます。
posted by 馬砂雪 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(1) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

ダービー終わっても競馬は続く/安田記念・英ダービー回顧

ダービーが終わってちょっと呆けてましたが、いい加減切り替えないと。。

成績・映像
http://jra.jp/datafile/seiseki/g1/yasuda/result/yasuda2007.html

安田記念はダイワメジャーが貫禄勝ち。いまや現役馬でも安定度No.1でしょう。かつては苦手としていた長い直線の東京コースでも最近はまったくもって強い競馬。昨年のマイルCSに続いて春秋マイルGI連覇を果たし、名実ともに最強マイラーの座を手にしました。

ドバイ帰りで体調も心配していましたが、馬体は完璧に維持されておりさすがの仕上げ。競馬ぶりも相変わらずで、決して切れるわけではないけど、じわじわと伸びて抜かせない。今回は前を行くコンゴウリキシオーが粘りきるかという展開でしたが、しっかり抜いてきっちり勝つ。思うに、安藤勝己という騎手と一番手があっている馬なのかもしれません。

1番人気スズカフェニックスは追い込み届かず5着まで。パドックの出来は申し分なく、これで負けたらそれこそ距離かなと思っていましたが案の定。東京新聞杯を勝っているとはいえ、本質的にはスプリンターに近い体のつくりで、今回のような先行馬のペースが速い、厳しい流れでは距離限界を感じました。

香港馬ではジョイフルウィナーの出来が一番良かったように見えましたが、最先着のグッドババが7着と軒並み案外な成績。外国馬って期待されてるとコケるし、注目されてないと来たりするんですよねぇ。安田の香港馬はもやは恒例行事になりつつありますが、日本の馬場の適正云々より、馬自身の出来をしっかり見極めないとだめだなと思いました。

それにしても印象的だったのは勝利騎手インタビューでのアンカツの一言。「先週は期待に応えられずに申し訳ありませんでした」。今日もGIで人気馬に騎乗して見事勝利を収めたわけですが、やはりダービーの1番人気に応えられなかったということは騎手にとっても相当負担が掛かっていたみたいです。松国さんは完全にインタビューできる状態でなかったと聞きましたし・・・。そういう意味でアンカツさんの安堵の笑顔がみれたのは良かったなと思いました。ホウオーにしてもまだまだ今後のある馬、やっぱりアンカツ党としてはこれからもこのコンビで頑張ってほしいです。

話変わって、昨日行われた英国ダービー、1番人気のモンジュー産駒Authorizedが圧勝しました。圧倒的に強かった、そしてフランキーの雄たけび。合田さんじゃないけど「欧州競馬七不思議」に数えられたフランキーのエプソムダービー未勝利がついに破られました。あれだけの名声を得た世界最高のジョッキーでもダービーを勝つということがいかに難しかったか。最高のパートナーを得て、最高のパフォーマンスでやってのけるあたりがさすがです。モンジューといえば初年度産駒のモティヴェイターがダービーを勝って一躍注目を集めましたが、今回の2勝目でサドラー後継の地位を確固たるものにしたのではないでしょうか。軽いフットワークと飛びの大きなスタイルで、スピードとパワーを兼ね備えた素晴らしい馬で、凱旋門賞に挑戦予定のウオッカ、メイショウサムソンにとっては最大の壁になる可能性が高いですね、この馬なら日本のGIでも勝つんじゃないかな。
posted by 馬砂雪 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。