2007年03月31日

今夜はドバイ!

いよいよ、今夜はドバイワールドカップをはじめとしたドバイワールドカップ諸競走が行われます。昨年のドバイといえば、なんといってもシーマクラシックを圧勝したハーツクライが素晴らしかった。日本のグランプリホースが世界の舞台でこれでもかというほど強さを見せ付けたのはスカッとしました。カネヒキリのワールドカップは残念でしたが、UAEダービーでは後のBCクラシックホース、インヴァソールに先着したフラムドパシオンもなかなか見事でした(その後の怪我は残念でしたが)。またゴドルフィンマイルをユートピアが圧勝してゴドルフィンに高額でトレードされるなど、いずれにしても日本馬の強さは世界レベルでも十分通用するというのを再確認できたレースだったのではないでしょうか。

今年も各レースに日本馬が揃い、あるいは勝ち負けが期待できるか?という馬も何頭かいます。もっとも期待したいのはやはりダイワメジャー、アドマイヤムーンが出走するデューティフリー。両馬とも実力は申し分なく、鞍上も名手。得にムーンは一度海外を経験しているのも強み、香港の内容はあのプライド相手に互角以上に渡り合ったものだっただけに大仕事に期待がかかります。

あとはポップロックは相手関係的にはそこそこやれそうですが、フサイチリシャールはダートだと並みの馬だけに・・・。ドバイの砂も時計が速い土みたいなコースですが、砂は砂です、やはり適正はある程度必要。そういう意味では芝でも重賞勝ちのあるヴァーミリアンなんかは本来この舞台は向いてそうな気もしますが。。いかんせん、絶対的なスピード能力とスタミナ能力でライバルに劣ると感じます。

日本馬の活躍もそうですが、今年の注目はなんといっても先に述べたインヴァソールと、それを1年前のUAEダービーで圧倒的に退けた怪物、ディスクリートキャットのドバイワールドカップでのリベンジマッチ。前者はドバイの敗戦を糧に、アメリカで連戦連勝を続け、ついにダート王者に輝きました。後者は昨年前半を休養に充て、裏路線で着実に力を蓄えながら満を持してのワールドカップ出走となりました。特に前走、初GI制覇となったシガーマイルの1分32秒台という時計は超破格、未だ無敗と底が知れないゴドルフィンの新たなスター、この対決は本当に楽しみです!!

全然関係ないけど、最近ブログの内容がどうもつまらないなと感じています。もともと自分の内面の落書きみたいなものなのであまりいい文章を書こうという意識はずいぶん昔に捨て去ったのですが、最近仕事として競馬を見る機会が圧倒的に増えたので、競馬に対するスタンスがどこか少し引いた感じになってしまっているのではないかと思います。いまはまだ仕事的に余裕がないからというのもありますが、やはり純粋にイチファンとしての視点をもって競馬を楽しむことがいかに重要か、文章を通して自分で自分に意識させられます。例のJpn表記の件もそうですが、基本的にJRA、競馬を運営・執行していく側とファンの意識はいつもズレています。ただ、それは立場やさまざまな制約を考えれば当然のこと。その中でいかに、お互いが納得できる形で競馬をつくっていけるかということが重要であり、1つの事象だけ取り上げてただただクレームだけいっていても発展がありません。馬券の売り上げも下がり、競馬離れもどんどん進む今日、ファンも主催者も独りよがりではなく歩み寄りの精神でもって、新しい仕掛けを行っていく必要があるのかなと。具体的な話はまたいずれ。
posted by 馬砂雪 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

中京開催終了!そして思ったこと

僕の社会人生活の中で一番長く、そしてある意味あっと言う間に感じた1ヶ月がなんとか終わりました。この1ヶ月間はずーっと競馬開催に携わる仕事をしていて、本当にたくさんのことを勉強し、経験しました。初めての会社でいきなり現場に入ったりと馴れない環境で不安や戸惑いもたくさんありましたが、苦労の分、得たものも大きかったです。はっきりって1年そこらでどうこうなる仕事ではないと思いますが、やりがいがある仕事で充実した毎日が送れていることがうれしいです。

クライマックスの高松宮記念、スズカフェニックス武豊の雄姿。レース前はこんなにしょっぱいメンバーでGIなんてと思っていましたが・・・やはり生で体験すると感慨ひとしおでした。競馬ってこんなにカッコイイのかと改めて思いました。

さて、クラシックの足音がもうすぐそこまで近づいています。桜花賞はやはり3強の争い。ウオッカが抜けているという見方が大勢ですが、個人的にはマイル限定ならダイワにも逆転の目があると思っています。マーチャンはいかんせんスピードがありすぎて2頭と比べるとスタミナが厳しいか、展開次第ではあるが・・・

牡馬のほうは負かした相手がことごとく活躍している無敗のフサイチホウオーが一応の主役で、未対戦のアドマイヤオーラをはじめ、ナムラマース、フライングアップル、ヴィクトリー、アサクサキングスなどがリベンジに燃えるという構図。ホウオーは着差をつけない勝ち方だから、インパクトという点では弱いものの、これまでの対戦相手のレベルの高さは疑いようがなく、皐月賞の中心は揺ぎ無いか。中山で多頭数をどうこなすか、また、共同通信杯からぶっつけという未だ優勝馬のいないローテがどうか、など不安な点はいくつかありますが、個人的には左手前で走るのが得意なホウオーにとって、直線でスムーズに手前替えできる右回りの、しかも坂のあるコースは向いていると思います。父と同じローテでジンクスを破れるか?これはやってみないことにはなんとも・・・ジャングルポケット産駒が全般に使ってよくなるタイプが多いのでどうでしょう?やっぱりダービーを勝ってほしいなぁ
posted by 馬砂雪 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

イグJRA賞、浦和桜花賞、JPN表記、毎日杯などなど

また訳のわからんタイトルになってしまった・・・

最近更新がサボりがちなのは、決してブログに飽きたわけでもなく、ネタがないわけでもなく、仕事が急がしいというのを言い訳にして怠けているだけです。目まぐるしい毎日なのでまだまだ慣れるまではいきませんが、生活のパターンが染み付いたらだいぶ楽になるかな。なにより毎週出張という環境は新幹線やホテルなど意外と一人の時間が増えてブログを書きやすくなったりするんですよね。というとまた嫁に怒られる・・・

応募したままで半分ほったらかしだったイグJRA賞ですが、投票によって各部門の最優秀賞を決める企画が行われ、当ブログからのエントリー「イグJRA賞2006! 最優秀(ネタ)調教師:森秀行」は「迷人物賞」で6票を獲得してなんと2位に選ばれていた!!1位じゃなかったのはまぁ残念といえば残念ですが、私ごとき稚拙な文章に6人もの方が投票いただき、感想まで述べていただいてるのは非常にありがたいことです。ほんとうにありがとうございます。こういう企画はなかなか面白いので今後も可能な限り参加してみたいですね。

さて、このあいだ浦和競馬場で行われた南関東G1、桜花賞(通称浦和桜花賞)。ちょうど会社も休み、地元ということで見に行ってきました。浦和競馬場に行ったのは結構久しぶりでしたが当日は祝日だったこともあり、非常に人が多く賑わっていました。この競馬場にこんだけ人がいるときはあんまり見たことがないなぁというぐらい。肝心のレースはさっぱりあたらず(規定事項)。桜花賞でパドックを見て自信の本命に抜擢した昨年の東京2歳優駿牝馬勝ち馬ブラックムーン、4コーナーで競走中止( ゜д゜)・・・。
俺が買ったせいじゃないよ・・・_| ̄|○  予後不良とまではならなかったのは幸いですが。。

ちまたでは「GIが使えなくなる?」というニュースが騒がれていましたが、ついに新しい表記が「JPN」で決まりそうです。
http://www.nikkansports.com/race/p-rc-tp0-20070323-173656.html

仕事柄、こういう情報はいち早く入ってくるのでおそらくJPNで決まりだろうというのは聞いていましたが、なんだろうねぇこの違和感。やはり「ジーワン」の響きに慣れ親しんでいたのに突然「ジェーピーエヌワン」ですっていわれても馴染めないですよね。いずれクラシックも外国馬に開放されるときは来るだろうけどそれまでの間はこのなんともいえない違和感の中、日本ダービー(JPN1)が行われる訳ですね。商標なんかの問題でJ1とかが無理なのはわかっていたとはいえ、海外の言い分に押し切られた格好の今回の改変、パート1国入りすることのメリットよりも「GIブランド」が使えないデメリットのほうがはるかに高くついたかも・・・

あさっては尾張名古屋でG1、早くも中京界隈では非常に盛り上がっています、いやむしろ盛り上げよう、ただでさえメンバーがしょぼ(ry
その前に明日は毎日杯と日経賞。日経賞はフサイチパンドラが注目ですが、毎日杯は皐月賞への最終切符ということで、POG的にも非常に注目の一戦です。ブラックオリーブやニュービギニングも出ているので、かなり注目している人も多いはず。ただ勝つのは断然、ナムラマースでしょ!と言いたい。言うまでもなくメンバー中実績No.1、前走のきさらぎ賞はアサクサキングスにまんまと逃げ切られたものの、負けて強しの内容で今回の小粒な面子なら楽勝してもおかしくないでしょう。結局はフサイチホウオーを持ち上げる話になってしまうんですが、先週の若葉SとスプリングSでホウオーがともに負かしたヴィクトリーとフライングアップルが勝ち、前述のきさらぎ賞でも新興勢力をおさえたのはラジオNIKKEI杯組。ここでナムラがあっさり勝つようだと非常にわかりやすい勢力図になります。もう一頭の無敗のジャンポケ産駒、トーセンキャプテンが残念なことに骨折してしまい、皐月賞有力馬のうちアドマイヤオーラを除いたすべてがホウオーに負けた馬ということになってしまう。競馬に絶対はないし、負けた相手に逆転も可能ですが、こうも露骨に結果が表れると・・・期待したくなっちゃいます!
posted by 馬砂雪 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(1) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

ココナッツパンチって誰だ?/弥生賞回顧

アドマイヤオーラ強し。直線はやや寄れ気味だったものの、最後まできっちり伸びきった。うむむ、これで皐月賞は完全にこの馬とフサイチホウオーが中心となりそうだが。。ココナッツパンチって誰よ?

成績・映像など
http://jra.jp/datafile/seiseki/replay/2007/024.html

ドリームジャーニー蛯名の予想外?の好スタートで始まったこのレース、ペースを握ったのはインパーフェクトだが、3コーナーあたりでサムライタイガースなどが動いて速い流れに。道中中団につけて、直線では先団内目からいち早く抜けたアドマイヤオーラが、外から迫ったココナッツパンチを振り切って勝ちきった。勝ったアドマイヤオーラは一戦ごとに競馬がよくなっているという点が素晴らしい。これはアグネスタキオンの成長力に疑問符がついた昨年までの傾向とははっきり違う特徴で、相手が強くなってもレースの格があがっても順調に対応してきてるあたりに奥の深さを感じます。いやだなぁ・・・、でもこれでホウオーのライバルは確定したし、武豊の選択馬もほぼ決まりでしょう。

しかしながら、このレースで一番内容的にも濃かったのは2着したココナッツパンチでしょう。つーか、誰だよ?ほんとにレース前まで知らなかったよ(オッズ知らなかったけどそこそこ人気だったんですよねぇ)。東京マイルの新馬戦を上がり33秒台で勝ってきた馬、今回は直線大外回しながら凄い脚でオーラに迫っています。取り付く脚も、最後の伸びも大したもので、あれだけ外まわして上がり最速、仕掛ける位置さえ合っていれば中山でもいけそうな感じですね。2戦目でこの内容なら本番でも期待できそうです。しかし、マンハッタンカフェ産駒、こんなのがまだいたとは・・・。大久保洋吉厩舎で吉田豊、吉田照哉所有というなかなか珍しい取り合わせ、メイショウレガーロかとおもいきやこちらのマンハッタンでしたか。

ドリームジャーニーは休み明けで少し伸びたりないという競馬。鞍上のコメントによると、スタートが良すぎたのがかえってあだになったとのこと。これは本番でのESP宣言ともとれなくもないが・・・たしかにこの馬のリズムはちょっと出遅れて後ろからというほうがいいのかもしれない。

タスカータソルテはまずまずいい脚を使いましたが、前には届きませんでした。最初のコーナーから最終コーナーに至るまで終始外々をまわされたことで、かなり余分に走っていたというのは勿体無いなと感じましたが、どちらにしてもまだ未完成の馬だったということでしょうか。今回は休み明けでもパドックでの仕上がりは十分に見えました。でも実際は使ったほうが良いのかもしれません。今日の新馬戦でPOのジャンバルジャンとさらにシグナリオという2頭のジャングルポケット産駒がデビューしましたが、前者はポケ産駒らしからぬ割と締まりのある均整の取れた馬体で緒戦からいけそいうな気配、一方の後者はまだ随所に緩さの残る仕上がりでした。ところが結果はシグナリオ1着、ジャンバルジャン3着。直線仕掛けた位置の問題もありますが、最後の脚はやはり後者のほうが上回っており、ジャングルポケット産駒の難しさを改めて感じました、この馬の仔は以外に緩めに映るタイプのほうが走るのかもしれません、親父自身も馬体にはいろいろ注文がつきましたし。


アグネスタキオン産駒が父と同じく弥生賞を勝って皐月賞に駒を進める、そして迎え撃つはやはり父と同じレースを勝って同じローテで臨むジャングルポケット産駒。マンハッタンカフェ産駒も強そうなのがいる(カフェ自身は弥生賞4着)。果たして歴史は繰り返すのか?はたまた子供たちが新たな歴史をつくるのか?いい展開になってきましたねぇ、ワクワクします!
posted by 馬砂雪 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(1) | レース回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

チューリップ賞、弥生賞、ジャングルポケット、転職などいろいろ

私事ですが、このところ転職したばかりということもありややバタバタとしてます。早速出張でローカルに飛んでるし。このブログもホテルで書いてる訳ですが、いままでのデスクワーク中心の職場からガラリ一変とあって、まずは体のほうを慣らさないと大変です。しかし、大変なだけあってやりがいのある仕事なので頑張らないと。。

さてさて、今日のチューリップ賞は一番人気のウオッカがダイワスカーレットを下して桜の女王へ向けて最高のステップを踏みました。断然人気の2頭でしたが、直線では2頭が他馬を大きく引き離す文字通りのマッチレース。しかも2頭ともまだ本気の競馬じゃないから恐ろしい。今年の3歳牝馬路線は、昨年末の段階でウオッカ、アストンマーチャン、ダイワスカーレットの3強が飛びぬけてレベルが高いという風に考えていました。例年と比較してもかなりハイレベルだという感じも時計面などから推測できたわけで、ブログでもすこし触れました。やはりその構図は間違いないようです、少なくとも現段階でこの3頭に割ってはいるような牝馬はまずいないでしょう、それぐらい能力・完成度などの点で3頭が抜けています。

ウオッカは文句なしの強さ、仕上がり。逆に今回のはじけ方が良すぎただけに、前走が余計かも・・・。本番で同じように弾ける手ごたえがあるかどうか?敵は己自身の体調面のみ、あと怪我・・・。ダイワはシンザン記念と同じように直線では相手がくるまで多少追い出しを我慢していましたが、結果的にまたも切れ負けした格好。ウオッカも馬なりのまま直線半ばで追い出してあの余裕だから当然強いわけですが、ダイワも目いっぱいの競馬でないことは明らか。本番でどのような作戦を仕掛けてくるのか非常に興味深いところです。


弥生賞は、そのダイワスカーレットに勝ったアドマイヤオーラ、そして朝日杯の覇者ドリームジャーニーが出走、人気を分けるでしょう。2頭の能力の高さと切れ味はとも凄まじいもので疑いようがないですが、僕はあえてタスカータソルテを本命に据えたいと考えています。

もちろん、ジャングルポケット産駒だからということがある。いや、理由と結果が逆かな。自分の目指す競馬のスタイルをしてくれる馬がジャングルポケット産駒に多い(当てはまる)ということか。ここ最近ふと思ったのが、サンデー系の馬達はどうもスマートな競馬をする馬が多いなということ。切れ味で最後の直線スパッと差しきってしまうというような競馬。まるでゴールの位置を知っていて、どれだけの脚を使えば差せるのかというのをわかった上で、切れる脚が出せるか出せないか(ディープインパクトに置き換えれば飛ぶか、飛ばないか)という競馬。つまり、一応の相手関係があっても、結局自分との勝負になっているような馬がいるような錯覚にとらわれます。もちろんそれは、ある意味もっとも効率的な競馬スタイルであり、サンデー系の馬の能力が優れているからこそ成り立つものなのですが。

ただ、ジャングルポケット産駒が現れてフサイチホウオーやトーセンキャプテンの競馬っぷりを見ていると、あくまで相手ありきの闘争心むき出しの競馬をしていて面白いなあと感じるわけです。4コーナーや直線で先頭の馬を追いかけるときの迫力、ベクトルがぜんぜん違うように思うのです、ゴールを見ているんじゃなくて、相手(敵)を見てるんですね。こいつらにとっては、時計速く走るだとかそんなことはどうでもよくて、とにかくレースで他のやつを負かすというのが重要なんだなと。タスカータソルテの過去2戦もやはり同じように相手をねじ伏せるような競馬をしています(抜け出すとソラを使います)。相手関係・時計面でいくら劣っていても、こういう馬の競馬に魅力を感じてしまうのは、その父親ジャングルポケットのそういう競馬スタイルが好きだったからだけでしょうか?それ以上に、こういう存在が競馬そのものを楽しくしてくれると予感しているからだと思います。走るフォームも頭が高く、決してほめられたものではないですが、やはり前を捉えに行く闘争心に何かを感じました。相手が強いからこそ、弥生賞はタスカータソルテで勝負してみたいと思います。
posted by 馬砂雪 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。